相続では、遺品整理は全員合意のやり方で

 親が亡くなることは大変悲しいことです。いつまでも元気でいてほしいものですが、誰にでも親等の家族との別れは必ずやってきます。その場合、悲しみの気持ちを胸に秘めつつ、通夜、葬儀、初七日、四十九日を終えると親の残した遺品を子供たちで分ける相続の話が出てきます。
相続の話は、多くの場合、もめることが多いです。親たちが生前に明確な方向性を出してくれている場合を除き、所謂遺言書というものがあったとしても、多くの場合もめることが多いです。個人の資産が全て現金で、スパッと分けれるものならばあまりもめませんが、現金以外に、不動産がいくつかあったり、動産が沢山あって、その遺品整理に莫大な時間がかかったりということが出てきます。
所謂専門家に依頼するという方法もありますが、少なくとも遺品整理は、相続人である遺族が対応するべきもので、皆平等に対応するのが望ましいです。ところが、誰かが犠牲的に動くことでしか進まないことが多くあり、争いごとの一つの原因にはなっています。その為、相続を進めるときは、遺品整理に関しては、相続人全員が納得するル-ルを決めて、合意を取って進めないと前に進むはずの話が。争いの火種を作ることになりかねません。