相続放棄するなら遺品整理してはダメです

多大な借金を抱えていた叔母が逝去しました。叔母は生前姫路市で女性のための離婚相談を経て離婚しており、子供もいなかった為、遺品整理については埼玉県の遺品整理専門業者さんにお願いして事なきを得たものの、相続について親族を悩ませることになりました。
故人は借金を抱えていた場合、遺産相続すると遺産だけでなく借金も相続することになります。それを避けるために相続放棄があります。相続を放棄することで遺産を引き継げない代わりに、借金も引き継ぐ必要がなくなります。

 

遺品整理と相続放棄について検討
遺品整理と相続放棄について検討

 

しかし、海洋散骨の希望を叶える粉骨サービスを活用する等、何らかの事情で松原のホールで葬儀後すぐに名古屋のゴミ屋敷清掃や遺品整理が必要だった場合、相続放棄が決定する前に遺品整理を行っても良いのかなど分らないことも多く、今回は遺品整理を相続放棄の関係性を紹介したいと思います。

・相続放棄する予定ならば確定前に遺品整理をしてはいけません
相続放棄は一度でも相続を承認すると不可能になってしまいますが、相続放棄が確定する前に遺品整理を行うと「相続を承認した」とみなされるのです。その為、承認されるまで絶対に遺品整理をしてはいけません。

・遺品整理するには相続財産管理人の選任が必要になります
相続放棄前に遺品整理が必要な場合には相続財産管理人を選任し、この相続財産管理人の立会いの元での作業であれば、相続放棄前に遺品整理が行えます。

・相続放棄しても遺品整理の義務はあります
相続放棄した場合にも遺品整理にかかる費用は相続人が支払うことになります。相続財産管理人に遺品整理を依頼する場合には相続人が「予納金」を支払い、遺品整理の費用が予納金を越える場合には不足分の実費を支払うことになります。しかし、もしも現金化された遺産が実費を超えているような場合には、その現金は相続人に返還されることになります。

PR|健康マニアによる無病ライフマッサージのリアル口コミ.com英語上達の秘訣ダイエットチャレンジエステサロンを上手に利用する情報サイトAGAお悩み相談.com美容と健康女性ランキング注文住宅のための用語集カウンセリングのお悩み解決サイトマーケティング経営研究.net