相続放棄する際の遺品整理の注意点

相続と遺品整理は切っても切れない関係にあります。遺品整理で故人な残した遺産や遺品は残された親族で分ける必要がありますが、遺品相続の際にトラブルが起きやすくなっています。今回は相続放棄する際の遺品整理の注意点について紹介します。

1・相続しないまま遺品整理すると単純承認になります
相続しない相続放棄を選択する場合、3ヶ月以内に相続放棄の手続きをしないまま遺品整理をしてしまうと、自動的に単純承認したものとなります。
単純承認とは遺産をそのまま相続する形となるため、相続放棄したことにはなりません。
相続放棄をすることが決定している場合には、勝手に遺品整理を行わずに、まず最初に相続放棄の手続きを済ませるようにしましょう。

2・相続放棄する場合は遺品整理を行なえません
相続放棄する場合には遺品整理を行うことができません。これは、故人の遺品を相続する権利を放棄しているので、遺品整理をする資格を失っているからです。
もし勝手に遺品整理をしてしまうと相続放棄を否定したと判断される可能性もあります。

Filed under: 相続