遺品整理をしたら相続放棄できない?

もし、亡くなったのが自分以外の身内からは縁を切られていて他の誰も手伝ってくれそうにない場合、仕方なく亡くなった人の住まいの遺品整理をしようと考えるのは理解できます。
でも、それをする前にまず考えなければならないのが相続です。
亡くなった人の財産の相続について、何も考えずに遺品整理をしてしまうと後で思わぬ事になってしまいます。
被相続人に借金など負の遺産がない又は少なく、プラスの遺産と合わせたらプラスが多いなら良いのです。
しかし総合的にみてマイナスの方が多い場合、相続したら借金も同時に引き継がなくてはならないのです。
そんなのは拒否したいと相続放棄を考えるなら、手続きは三ヶ月以内にしないと間に合わないので早めに始めなくてはいけません。
しかし、もし相続放棄の意思があり手続きを進めていても遺品整理をしてしまったら相続放棄は認めてもらえなくなるかもしれません。
遺品整理するってことは相続の意思があるってことだねと勝手に解釈されてしまうからです。
特に遺品の中に高価なものがあると単純承認とされる可能性が大いにあります。
疑われないように、早まって遺品整理をするのはやめるべきです。

Filed under: 未分類