相続に必要となる遺品整理

遺品整理というのは親族や身内が亡くなった時にその人が生前使っていたものなどを整理することです。
これを行う時期については正解はなく、故人を偲びながらじっくり時間をかけたいという方もいらっしゃると思います。
しかし遺品整理は相続財産の特定確認という目的があるのも事実なのです。
つまり、遺品整理をしないでいると遺産相続がスムーズに行うことが難しくなります。
なぜなら相続する遺産にはプラスの遺産だけではなくマイナスの遺産つまり負債もある可能性が考えられます。
遺品整理をして初めて故人の持ち物に借用書を見つけ負債がある事を知る事は珍しくありません。
その場合にマイナスの遺産がプラスの遺産を上回るなら遺産相続の放棄をすることも可能です。
家庭裁判所に認められれば相続人ではない事になって負債を相続する必要はなくなります。
相続放棄は相続の開始を知ってから三ヶ月以内に申述を行う必要があります。
そして逆に、遺品整理をしてみた事で資産価値の高い相続財産がある事を知る可能性もあります。
遺品整理は遺産相続をスムーズにするために大切な作業だというのを心に留めておくと良いです。

Filed under: 未分類