相続放棄する際と遺品整理

様々な事情により身内の死によって発生した相続を放棄したい方は案外多いです。
相続放棄というのは三種類あり、相続を故人からそのまま引き継ぐ単純承認、財産から借金などを引いた分を引き継ぐ限定承認、全ての遺産を相続しない相続放棄です。
相続放棄だけは、遺産に一切手をつけず相続なしになります。
相続放棄を考えるならば三ヶ月の間に決めて相続放棄手続きを済ませる必要があります。
そして、相続放棄するなら遺品整理はしてはいけません。
特に親が亡くなった場合などは、遺産相続はしないけど遺品整理くらい子どもとしてやらなくては、と思いがちです。
それは立派な心がけですが、それをしたせいで相続放棄を否定されるケースがあるのです。
相続放棄した人には、まず遺品整理をする権利がないのです。
だから、遺品整理してはいけないのに勝手に遺品整理をしたら、相続する意志があるとみなされてしまう可能性があります。
手続きはまだで相続放棄の意思を示してる場合でも、相続放棄の手続きを済ませた後でも、遺品整理をしてしまうと相続意志があるとして単純承認になってしまいます。
注意しましょう。

Filed under: 未分類